南海キャンディーズ山里やしずちゃんは不仲で解散?M-1の結果や身長!仲直りはしたの?

南海キャンディーズのプロフィールを紹介!

 

View this post on Instagram

 

💡💡💡 【メディア情報】 11月3日(土)深夜 25:05〜 静岡第一テレビ「南海キャンディーズのジャブジョブ」に、#20ユズ (澁谷美妃)が出演します! アスルクラロ沼津の尾崎選手、YAIZU GR UNITEDの川内選手と共演させていただきました!ぜひご覧ください! #南海キャンディーズ #南海キャンディーズ山ちゃん #南海キャンディーズしずちゃん #山ちゃん #しずちゃん #素敵 #最高 #20_YUZU #アスルクラロ沼津 #沼津 #Jリーグ #サッカー #焼津 #yaizugrunited #3×3 #バスケ #BREATHHAMAMATSU #ジャブジョブ

ブレス浜松 公式さん(@breathhamamatsu_official)がシェアした投稿 –


・よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する漫才コンビ

・山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘いコンビが結成されました

・コンビ名はザ・プラン9が命名しました

・コンビ名は「山崎・山里」→「すずらん」→「南海ホークス」→「南海キャンディーズ」という流れでつけられました。

・当初は可愛らしさを意識して、わずかな期間だけ「すずらん」という名前で活動していましたが、札幌吉本にもすずらんがいたために改名する事になりました。

・山里はコンビ結成後もネタを書いたノートを保管し続け現在は何十冊にも及ぶそうです。

・山里の愛称はコンビ結成当初ありませんでしたが、山崎の「しずちゃん」に合わせて「山ちゃん」という通称がつきました。

・結成当初は漫才の最後に千葉県出身の山里が大阪弁で「もうええわ」と言って終わっていたが、次第に標準語だけに変わっていきました。

・2004年のM-1グランプリでは、無名ながらも決勝に進出し準優勝を果たしました。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、関西ローカルの冠番組までも獲得する活躍ぶりでした。

・活躍をしたことにより2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移しました。

・しかし2005年のM-1グランプリは最下位という結果に終わってしまいます。

・2009年頃からは山崎がロンドンオリンピックに出場することと女優業に積極的だったり、山里がバラエティ番組に引く手数多なことから南海キャンディーズとしての出演は劇場への舞台出演を除いて殆ど見られなくなり、それぞれピンでの活動が目立つようになりました。

・2015年に山崎がボクサーを引退し、コンビ2人で過去を振り返った後に2016年のM-1に向けて頑張ることを誓い合いました。

・しかし7年振りに出場したM-1グランプリ2016年大会では準決勝敗退という結果に終わりました。

 

南海キャンディーズの身長はどのくらい?

 

View this post on Instagram

 

ついに本日放送です📺 南海キャンディーズのジャブジョブ 🎀静岡第一テレビ0:55からです🎀 熱海のお姐さま清水のお姐さま達と 出演させていただきました✨ 静岡にお住みの皆様お時間がありましたら、ぜひ観て下さい♡ ワクワクとドキドキでいっぱいですが、お座敷行ってきます🙋‍♀️ #伊豆長岡#伊豆 #伊豆長岡芸者 #芸者#芸妓 #着物#日本髪 #着物女子 #南海キャンディーズ #山里亮太 #しずちゃん #ジャブジョブ #静岡第一テレビ #ローカル番組 #geisha #japanesegirl #kimono#izu #まめ六 #そういえば#タイ の#旅番組 も#収録 したよ#Thailand#🇹🇭

🏮まめ六 mameroku🏮さん(@mame6.mame6)がシェアした投稿 –


南海キャンディーズ山ちゃんの身長は178cm

南海キャンディーズしずちゃんの身長は182cm

山ちゃんも身長が大きいほうなのにしずちゃんが大きくてあまり目立ちませんね笑

 

南海キャンディーズ山ちゃんのプロフィールを紹介!

 

View this post on Instagram

 

勝鯉でシーズンを締めくくるぞ〜🎏 #カープ #マツダスタジアム #シーズン最終戦 #南海キャンディーズ #山里亮太 #山ちゃん

Megさん(@re_megumi)がシェアした投稿 –


・山里 亮太(やまさと りょうた)

・1977年4月14日生まれ

・ツッコミ担当

・千葉市立さつきが丘中学校、千葉経済大学附属高等学校卒業。

・高校3年で女性からモテたいという動機で芸人を志し、親に内緒で吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校に入るための理由付けで、関西方面での進学を希望するが、両親に反対されました。両親と話し合いを重ねたのち、1浪して関西大学に入学しました。

・中学、高校、大学と10年間、部活動やサークルでバスケットボールを続けましたが、万年補欠で試合には出ることはありませんでした。

・NSC大阪に入学したのは関西大学3年生のときで、NSC大阪校22期生になります。

・卒業後は「侍パンチ」、西田富男と「足軽エンペラー」というコンビを結成しており、当時はボケ担当でした。

・WOWOW「落語家Xの快楽 シーズン2.0」で、三遊亭兼好に弟子入りし、「三遊亭兼便(けんべん)」を襲名しました。

・2006年前後からは役者としての仕事もこなすようになり、テレビドラマや映画などにも出演することが増えました。

・2010年4月21日から日本テレビ『密室謎解きバラエティ 脱出ゲームDERO!』で、ゴールデンタイムのレギュラー番組で初司会を務めました。

・2000年代末期頃からはナレーターとしても活動していました。

・千葉県千葉市花見川区出身ですが、東京にも吉本興業があったことを知らず、漫才がやりたくて関西大学に入ったエピソードをもちます。

・関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の全てを受験したが、合格したのは関西大学だけでした。ちなみに大学受験時の予備校は東進ハイスクール千葉校だったそうです。

・関西大学に通っている時期は男子寮である北斗寮に入寮していました。

・baseよしもとに所属していた同期のネゴシックスや中山功太やとろサーモンの久保田、ダイアンの津田、先輩では千鳥の大悟と仲が良いみたいです。

・2013年上期のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の熱烈なファンで「朝ドラは今まで観たことがなかったが、『あまちゃん』は最初から観た」とのこと。独自で同作の続編プランも持っている語っていました。

・M-1グランプリ2004年大会で審査員のラサール石井から「ひとつもはずさない」と評されたり、オードリー若林正恭からは「マウントをとらせて下から関節を決める」とコメントをされています。

・AKB48の大ファンであることから、AKB48出演番組のMCを務めることが多く、2010年9月21日に日本武道館で開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では手袋を装着しじゃんけん主審を務め、2012年の同イベントまで3年連続で主審を務めました。

・一番の「推しメン」は渡辺麻友であり、AKB48劇場の関係者席で観覧していることを明かしました。

・山ちゃんの興味は広範囲にわたり、プロレスにも興味をもっており度々プロレス関係のイベントに登場しています。2016年8月28日には実際にDDTプロレスリングの両国大会でアイアンマンヘビーメタル級王座の第1170代チャンピオンにも就いています。

・2018年5月9日にはインターネットニュース J-CASTニュースの名誉編集長に就任し、連載企画「ネットニュースの明日(あした)」での定期的な記事配信を開始しました。

 

南海キャンディーズしずちゃんのプロフィールを紹介!

・山崎 静代(やまさき しずよ)

・1979年2月4日生まれ

・ボケ担当

・5000gという大きめの体で産まれました。

・茨木市立春日小学校、茨木市立西中学校出身

・中学生時代は陸上部に所属し、高校は事務所の先輩ナインティナイン・元ビッキーズのすっちーの出身校でもある大阪府立茨木西高等学校で、女子サッカー部に所属していました。

・短期大学時代に初めて結成したコンビは中学の同級生である前野里美と組んだ「西中サーキット」(にしちゅうサーキット)という女性コンビで、ボケを担当していました。

・NSCには入らずに、オーディションを受けて吉本入りをした西中サーキットは2002年 ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を獲得し、関東の深夜番組にも出演していたが、相方・前野の引退により解散することになりました。

・2003年、「山崎二宮」を結成して間もなく、山里亮太(山ちゃん)に誘われ、「南海キャンディーズ」という男女コンビを結成しました。

・趣味はボクシング、漫画、絵を描くこと。特に好きな漫画は『ウイングマン』

・一般的な女性に比べて非常に背が高く骨太のがっちりした体格で、普段の話し声は低いのが特徴的です。

・父、弟も体格ががっちりしており、家族そろって巨体であると明かしています。

・大阪の自宅の部屋には、『AKIRA』や『ドラゴンボール』のグッズが所狭しと並べられています。

・2006年の映画『フラガール』で本格的な女優デビューを果たし、演技面が評価され2007年2月16日の第30回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞しました。

 

南海キャンディーズが解散危機?仲直りのきっかけは?


結論から言うと南海キャンディーズは解散していません!

しかし解散の危機はあったみたいで、どのように解散から免れたのでしょうか?

以下インタビューを引用して説明したいと思います。

M-1グランプリで早々に準優勝を勝ち取ってからは、映画やCMなどしずちゃんばかりに仕事が入る状態が続いたのだという。「そっから嫉妬の鬼になってた」と語った山里に対し、しずちゃんは「全然感じてなかった」とにっこり。

山里は、しずちゃんに映画「フラガール」出演オファーがあった際も、先にマネージャー経由で山里の耳に入ったため「ここで終わりにしましょう」と出演の話をもみ消してしまおうとさえしたと明かし「僕だけがイライラしていた時期」と当時を回顧した。

MCの笑福亭鶴瓶もしずちゃん側からは山里の悪口が「誰に聞いても一切言われてない」と、ふたりの当時の温度差を指摘したが、当時そんなふたりの仲を取り持ったのがお笑いコンビ・メッセンジャーのあいはら雅一 。しずちゃんについてひたすら愚痴を繰り返す山里のために、しずちゃんに「山里を捨てないでやってくれ」と話をしにいったというあいはら。

しかし、しずちゃんの返答は「私から解散を言うことは絶対ありません。私が今ここにいれるのは山ちゃんが(私を)拾ったあの時があるからです。私は大丈夫ですよ」と解散などみじんも考えていないというもの。また、「フラガール」でも、しずちゃん自らエンドテロップにきちんと『山崎静代(南海キャンディーズ)』と載せるよう依頼していたことも後に発覚。「自分でも思いました、俺クズだなって」と、しずちゃんの純粋にコンビを思う気持ちが、嫉妬で曇っていた山里の目を開いてくれたとを明かした。

https://mdpr.jp/news/detail/1761622

2人が解散の危機に陥った理由は、しずちゃんがピンとして活躍するようになり山里が嫉妬をしたからだったですね。

コンビで仕事量や人気に差が出てきてから2人の間に溝ができるようになったんだとか。

そんな解散危機を救ったのは同じお笑い芸人のメッセンジャーあいはらでした。

もし2人の間をとりもつ人がいなかったら解散していたかもしれないですよね。

そう考えるとメッセンジャーのあいはらに感謝です!!

 

南海キャンディーズの不仲説について!

 

View this post on Instagram

 

よさこい本祭初日の本日、南海キャンディーズの山里亮太さんが御来店、著書の「天才はあきらめた」のサイン本を作ってくださいました! 山ちゃん、めっちゃ素敵で紳士的な方でした☆レジ後ろにて店頭用に描いてくださったサイン色紙も展示しております。 サイン本、数に限りがございますのでおはやめにどうぞ! 山里さん、お忙しい中、そして暑い中、本当に本当にありがとうございました!ぜひまたいらしてください! 担当T#山里亮太 #山ちゃん #南海キャンディーズ山ちゃん #朝日新聞出版 #朝日文庫 #天才はあきらめた #サイン本 #すでに完売かも #山ちゃんありがとうございました #高知市 #帯屋町 #本屋 #書店 #金高堂書店

金高堂書店さん(@kinkodo_kochi)がシェアした投稿 –


南海キャンディーズは実際に不仲だった時期があったようです!

以下インタビューを引用して説明したいと思います!

その中で山里が「仲がすごく悪かった」と切り出すと、しずちゃんも「コンビを組んで一気に忙しくなって、そこから仲が悪かったんですけど」と認め、溝がより深くなった事件を打ち明けた。ある年の正月に友人と海外旅行を計画したしずちゃん。そのことをマネージャーを通じて知った山里は激怒し、その思いを長文にわたってメールにつづったという。

コンビとしてこれからという時に断りもなく旅行に行かれることが腹立たしかったらしく、山里はそのことを伝えた上で「ほかの女芸人さんに才能で勝ってるということだね」といった皮肉のほか、「面白いエピソード1日何十個考えて来い」「お笑いのDVDを持って行け」など具体的な指示もメールで送りつけた。しずちゃんがそれを受け取ったのは日本を出る前で、楽しい旅行気分は一気に吹き飛んでしまう。

MCの中居正広から「どんなつもりで送ったの」と追及された山里は、「頑張ってる量が確実に足りてないと思ったんです」と当時の心境を告白。山里にとってしずちゃんの行動は「もう芸能人気取り?」の印象で、コンビ仲が悪かったために「何もかも憎かった」という自分も今では自覚している。そんな関係が修復したのは「最近のこと」だが、中居に「まだ許してないような気がする」と言われたしずちゃんは「それを拳でぶつけてる」と返し、スタジオの笑いを誘っていた。

https://news.mynavi.jp/article/20150806-a326/

仲が悪くなったきっかけは、お正月にしずちゃんが山ちゃんに断りをいれずに海外旅行にいったことだと分かりました。

コンビでやっていく以上2人ともおなじ熱量でお笑いに向き合っていないとうまくいきませんよね。

山ちゃんがそれだけお笑いに対して熱くなっていたからこそ、しずちゃんに対して怒ってしまったんだと思います。

しばらくお互いピンの活動で忙しくしていたので仲が回復するのには時間がかかったみたいですが、今では仲良くしているようでよかったです!

 

南海キャンディーズが解散していなくてよかった!

 

View this post on Instagram

 

もちろん偶然会った訳ではないけど、 けどけどけどー✨ 一緒に写真撮れて ♡し♡あ♡わ♡せ♡ #南海キャンディーズ #初の単独ライブ#他力本願 #リリースイベント #南海キャンディーズしずちゃん #南海キャンディーズ山ちゃん #山ちゃん一緒にお祝い出来てほんまにほんま嬉しかった #お誕生日おめでとうございます #理想の頭の回転の速さ #理想の育ちの良さ #理想の体型 #理想の身長差 #理想の話し方 お手紙渡すのに必死で握手し忘れたーーーうががががぁぁぁ、やってしまった #理想の手 やのに😭

瀬畑智恵美さん(@chiexile211)がシェアした投稿 –


今回は南海キャンディーズの山ちゃん、しずちゃんのプロフィールや不仲説について紹介させていただきました!

コンビ歴が長く広い世代に知られているコンビだと思います。

そんな2人はピンの活動が忙しくなってあまり会わなくなったり、お正月の事件があってから不仲でした。

しかし最近では仲直りをし仲良くできているみたいですね!

本当に解散していなくてよかったと思います!!

今後も南海キャンディーズの活躍に期待したいです!

気に入ったらシェアをお願いします!