倖田來未の現在!妹misonoとの関係は?プロフィールや受賞歴を紹介!

倖田來未のプロフィールを紹介!


・1982年11月13日生まれ
・rhythm zone所属。
・京都市伏見区出身
・身長154cm
・出生名は神田 來未子(こうだ くみこ)
・歌手のmisonoは実妹である。
・夫はBACK-ONのボーカルKENJI03。
・3歳頃から、尺八を教えていた祖父と琴を教えていた母親の勧めで、日本舞踊の演者として初舞台を踏んでいます。
・小学校4年生時の、太秦にある東映京都撮影所内にある東映俳優養成所の児童科クラスのオーディションを受け合格。
・この時は妹とレッスンに通い、隣接する東映太秦映画村での「おいらん道中」でかむろ役として出演していました。
・その14年後、その東映京都撮影所で製作された仲間由紀恵主演の映画「大奥」の主題歌を倖田が歌うことになっています。
・藤森中学校ではプロ野球選手の赤松真人と同級生で、しかも当時野球部員だった彼女とは内野の要である二遊間を守るコンビだした。
・赤松とは現在も連絡を取り合っており、赤松の結婚式には倖田がビデオレターを贈り、赤松曰く「結婚についても相談を受けた」そうです。
・ブラックマヨネーズ・吉田敬の弟とも同級生で、仲良くしていた友人グループで吉田の実家に泊まりに行ったこともあります。
・京都精華女子高等学校2年生の時にエイベックス主催のオーディション「avex dream 2000」で初めて歌の審査を受けました。
・そのオーディションでは岡本真夜の「Alone」を歌い、高橋真梨子の曲も歌っています。
・オーディションでは準グランプリを受賞し、同社でレッスンやトレーニングを無償受講できる権利および同社との専属契約権を獲得してデビューが決定しました。
・痩せていないということで本来は落選するはずのところを、面談で「キャラクターがあった」ということで受賞したという経緯があります。
・並行してテレビ東京で放送していたオーディション番組『ASAYAN』内の「モーニング娘。追加メンバーオーディション」において2次審査を通過したが、辞退しました。
・これまでに何度か歌手を辞めようと考えたことがある。

1度目は7thシングル「real Emotion」で初めて大きなタイアップをもらった時
2度目は失言騒動でテレビに出演できなかった時
3度目は2011年の結婚した時

辞めるか悩んでいたが家族が「倖田來未としてこれからも走り続けるべきなんじゃないか?」と言ってくれたことや周囲の手厚いバックアップによって、

自分自身でも「2ndステージのスタートを輝かしく切れたらいいな」と思えるようになり、復帰を決意しました。

・マドンナ、ジャネット・ジャクソン、ビヨンセ、クリスティーナ・アギレラといった海外アーティストのように同性から支持を受ける女性アーティストになりたいと思っています。
・敬愛しているアーティストはDREAMS COME TRUEと岡本真夜。
・初めて買ったCDは広瀬香美の「ロマンスの神様」
・2008年1月29日、ラジオ「倖田來未のオールナイトニッポン特別番組」内で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言し問題となりました。
・この発言を受けアルバムのプロモーション活動を全面自粛し自宅謹慎することを発表し、CM出演中の企業サイト休止やCM放送の中止になりました。
・2月7日、報道番組内で「結婚したばかりの女性マネージャーに、早く子供を産んでほしいという気持ちからの発言であったが、知識のない中、軽はずみな言動で多くの人に誤った知識を伝え、その心を傷付けた」と涙ながらに謝罪しました。

・もともと太りやすい体質の上に一時期はマクドナルドのセットを3つ食べるなどの大食い。
・夕方6時以降は食事をせずにダイエットコーラをよく飲んだり、そうめんだけの食事やスルメを食べるなどしてダイエットしています。
・酒とタバコは一切やらない。
・ラムという名前の犬を飼っていて、犬種はキャバリア。
・とんねるずの大ファン。
・苦手な食べ物はゴルゴンゾーラのピザ、奈良漬け
・左腰に蝶のタトゥーを入れています。
・ファンクラブの名前は「倖田組」

 

倖田來未がこれまで受賞した賞を紹介!

 

View this post on Instagram

 

明日、New album「DNA」フラゲ日です! 今日はアルバム曲ラストの紹介です。 『心からi love u』 悲しいけど、さよならを受け入れなきゃいけない現実。 わたしも今までたくさんの別れ、 恋だけではなく、仲間との別れ 受け入れられない自分がいた時期もありました。 受け入れなきゃいけない現実を前向きにこの曲で感じてもらえれば幸いです。 やっと、明日CDショップに並ぶのねー泣 みなさんの背中を押せます一枚になりますように!!! #new #song #心からiloveu #0822 #release #newalbum #DNA #kodakumi #倖田來未 #music#artist #singer

倖田來未さん(@kodakumi_official)がシェアした投稿 –

  • 日本有線大賞

第37回 新人賞(受賞曲「LOVE & HONEY」、2004年)
第39回 大賞(受賞曲「夢のうた」、2006年)
第41回 有線音楽優秀賞(受賞曲「Moon Crying」、2008年)
第42回 有線音楽優秀賞(受賞曲「Lick me」、2009年)

  • 日本レコード大賞

第47回 大賞(受賞曲「Butterfly」、2005年)
第48回 最優秀歌唱賞(2006年)
第49回 金賞(受賞曲「愛のうた」、2007年)
第50回 優秀作品賞(受賞曲「Moon Crying」、2008年)
第51回 優秀作品賞(受賞曲「Lick me」、2009年)

  • 日本ゴールドディスク大賞

第20回、第21回 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー(2006年、2007年)

  • MTV Video Music Awards Japan

第5回 最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀ビデオ賞(受賞曲「Butterfly」、2006年)
第6回 最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀ビデオ賞(受賞曲「夢のうた」、2007年)
第7回 最優秀コラボレーションビデオ賞(受賞曲「LAST ANGEL feat.東方神起」、2008年)

  • SPACE SHOWER Music Video Awards

BEST COLLABORATION VIDEO(受賞曲「D.D.D. feat. SOULHEAD」、2006年)

  • ベストヒット歌謡祭

ポップスグランプリ(2006年、2007年)

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%96%E7%94%B0%E4%BE%86%E6%9C%AA)

こんなに多くの賞を受賞しているのは、すごいですよね!!

倖田來未はこれまで3度アーティスト活動をやめようかと考えていたそうですが、

辞めずに走り続けてきたことが正解だったとこの結果からもわかります。

 

倖田來未の妹misonoのプロフィールを紹介!


・1984年10月13日生まれ
・歌手、バラエティタレント
・本名は神田 美苑(こうだ みその)
・京都府京都市伏見区出身。
・エイベックス・マネジメント所属。
・day after tomorrowのボーカル、作詞を担当し、活動休止後の2006年にソロデビューしました。
・夫はロックバンドHighsideのドラム・Nosuke。
・身長154cm。
・一人称は「ウチ」
・『クイズ!ヘキサゴンII』などのバラエティ番組の出演から再ブレイクしました。
・本格的にタレント活動を始めたきっかけは同郷の島田紳助。
・積極的にバラエティー番組に出演している背景として「事務所から『お前がCD出したら赤字になるんだよ! だから、バラエティ番組に出て借金返済しろ!』と言われる」と語っています。
・『ヘキサゴンII』の出演を機に、つるの剛士のファンになり、番組内の告白クイズで、夢をかなえてあげるデートを行っています。

 

現在の倖田來未は?インタビューを紹介!

迷いもあったけど、スタッフの支えによって今の自分がいる

一時期やっぱりあったんですよ、丸くなった方がいいのかとか。長くやっているといろんな意味で知恵がつくじゃないですか。

周りのスタッフも頑張ってる中で、無理をさせたらあかんとか。ちっちゃい妥協がどんどん積もってました。嫌われたくないとかも。どんどん年をとって弱くなってきてね…。

倖田來未はライオンなんですが(本名の)神田来美子さんはウサギちゃん。すごく寂しがりなんですよ。でも今は倖田來未のやりたいこと支えたいスタッフが入ってきたくれたので尖ってますよ(笑い)

昔から「かっこいい」って思ってもらいたい気持ちはぶれていない

自分の中で追いついてなかった。同じ髪形やファッションをマネする女の子が出てきたりした時も『倖田來未すごいな』的な…。

私は後ろから(ブームに)追いつくのが必死だった所があります。

自分ではインターネットとか見ないタイプだったので、スタッフに『今、倖田來未って世の中ではどう思われてる』って聞いていました。

『そうなんだ。じゃあ次はこんなことやってみる』って感じでした。

基本、カッコいいと思ってもらいたいのは今も変わっていません。

家族を持ってもこんな母親、女性になりたいと思ってもらいたいです。そのゴールは昔からぶれてはいません

ただ歌いたいのでなく、人に勇気を与えたいからたくさんの人に見てもらえなければ歌う必要がない

20歳でデビューする前はライブハウスで深夜2時まで歌ってました。

群馬や茨城に車でマネジャーと行っては誰もお客さんいいひんところで歌って『私、何をやってるん。こんなことをやるために歌手になったんじゃない』。

私は売れてなくてもただ歌いたい人間ではなく、人に勇気を与えたいからこの世界を志したので見てもらえなければ歌う必要がないと思っていました。

3年目に『real Emotion』が『ファイナルファンタジー』の主題歌になった時

『あんな大きいタイアップで売れない歌手は見たことない』と言われ続けて『ダメならやめる』って会社にも言っていました。

売れないとしたら、この世の中で私の声が求められていないのだなと、引退も覚悟していました。

不適切な発言をしてからテレビで発言をするのが怖くなった。

ラジオで不適切な発言をした時、面白いトークをやりたいと思っている中で、ボキャブラリーと知恵のなさで、自分の意図としいひん所で人を傷つけました。

自分は歌詞に言葉をのせてやっている仕事なのに、それはあり得ないんじゃないかなと思って謹慎しました。

毎日ずっと家で泣き通しで…。人もぶわーっと離れていって、あの時ほど死にたいと思った時はなかったです。

ただ復帰したのはあそこに悪意は一つもなかったということで、悪気があったら倖田來未やめてます。

それ以来一気にテレビで発言するのが怖くなりました。自分が何をいってもまた何かいわれんじゃないかと思っちゃって…

結婚した時に迷いはあったが、旦那の言葉で歌を続ける覚悟を決めた。

結婚して息子が生まれた時、専業主婦になるか歌を続けるか。

『家庭に入っていいよ」という気持ちもあった中で主人が『倖田來未として歌っているのが好きだ。サポートするからどっちでも好きにしていいよ』と言ってくれたので

『じゃあ、わたしは歌に未練があるから歌いたい』と復帰を決めました。

(出典:https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180816-OHT1T50125.html)

いかがでしたか?

デビューしてから長い倖田來未ですが、売れない時期があったり、不適切な発言をしたり、結婚を経験したりと

これまで多くの迷いがあった中、活動してきたことが分かると思います。

まっすぐな気持ちをもってアーティスト活動をしているからこそ、多くのファンがいるのだと思います。

倖田來未のインスタやツイッター!2018ライブや新曲、アルバムも紹介!

 

倖田來未の今後に注目!

 

View this post on Instagram

 

LOVE NOTE #date #love #fragrance #柔軟剤 #fabricsoftener #LOVENOTE #kodakumi #倖田來未

倖田來未さん(@kodakumi_official)がシェアした投稿 –

日本の代表的なアーティスト、倖田來未について紹介させていただきました!

倖田來未はちょうど私が小学生くらいの時に流行りだしたアーティストで、

今も活躍していることをすごいなと思います。

昔から変わらないかっこいい女性で、多くの女性を勇気づけているはずです。

今後も倖田來未の活躍に期待したいですね!

気に入ったらシェアをお願いします!