T-Pablowの刺青や髪型、ファッションセンス!彼女や本名は?少年院経験も!

T-Pablowプロフィールを紹介!

🌃🌃🌃

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

・1995年11月3日生まれ
・神奈川県川崎市出身
・川崎市立川中島中学校卒業
・高校には進学せず
・名前の由来は「名前にパブロがつく人は偉大な人が多いから」
・ラップを始めたきっかけは、「アメリカの従兄弟の家に遊びに行ったところ、アメリカの文化に刺激を受けたから」

 

T-Pablowの本名は?

❄️💫

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –


T-Pablowの本名は岩瀬達哉(いわせたつや)です!

たつやのTと偉大な人に多いPablowをかけあわせたのが

現在の芸名、T-Pablowだとわかります。

 

T-Pablowに彼女はいるの?

Mobb Life 🍾🍾🍾

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

T-Pablowは過去に2人の女性と付き合っていたことが噂されています。

1人目は、グラビアアイドルの真奈さんです。

残念ながら2人は既に破局しています。

2人目は、君島かれんさんです。

一緒にPVに出演したことがあるそうですが、つきあっているかどうか

確実な情報はわかりません。

 

T-Pablowの弟YZERRについて!

🏆🏆🏆 #legendary

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –


T-Pablowの実の弟であるYZERRについて紹介したいと思います。

・本名は岩瀬雄哉(いわせ ゆうや)
・T-PABLOWの上には、兄と姉の兄弟もいる。
・姉は成績オール5の賢い女性。
・兄弟たちはみんな揃ってワル。
・第一回高校生ラップ選手権にDIABLOとして出場した。
・中学時代のYZERRRは人とまともに会話できないくらいヤバい人だった。
・第五回大会で復帰し、優勝を果たした。

 

T-Pablowの刺青がすごい!

忘れねぇDay One🥇🎤

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –


T-Pablowは刺青がたくさん入っていることで有名ですがテレビに出る際はコンプラの問題で隠しています。

T-Pablowの刺青の意味は以下のようなものがあります。

札束の薔薇
時計
鉄の心臓に札束の羽:想いがあればどれだけでも稼げるし、想いの強さがどこまでもつれてってくれるという意味

T-Pablowがタトゥーをいれる時はノリもあるそうですが、

強い意味をこめて入れるときもあれば、過去の傷を隠すためにいれることもあるんだとか。

 

T-Pablowはインスタをしているの?

👕: @nubian_tokyo

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

T-Pablowは以下のアカウントでインスタをしています。

@tpablow_breath

是非チェックしてみてください!

T-Pablowが少年院に入っていた過去!

SOUTH SIDE🏭🌫👕: @nubian_tokyo

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

T-PablowとYZERRは少年院に入っていた過去があり、インタビューで当時のことを語っています。

YZERR

少年院には年齢別に初等、中等、高等という3種類があって。俺が行った初等には同い年くらいの人たちがいたんですよ。

初等に来るのは初犯の人が多いから(刑務官が)俺らを更生させようとめちゃめちゃ厳しい。

歩き方にも決まりがあったし、例えば、他の受刑者と話しただけで2週間刑期が伸びちゃったり

http://ruthless.tokyo/articles/450

T-Pablow

同じ少年院にいた人から当時のYZERRのことを聞いたけど、とにかくずっと(規則に)逆らってるかなりヤバい人だったって。

だからそこから関東医療少年院という別の少年院に飛ばされるんですよ。更生できないとかじゃなくて、精神的にヤバい人が集まるところですね

http://ruthless.tokyo/articles/450

YZERR

YZERRの同房には起きてる間、ずっと嵐の「Monster」を歌っている人がいたという。

本当に10時間くらいずっと歌ってる。俺、30分くらいでキレちゃったんだけど、あそこにはケンカできるような人はほとんどいない。

病気の人だよね。『うるせ。うるせ。』とか言ってまた『Monster』を歌い出す。

俺、本当に『どんだけモンスターなんだよ』って思ったもん」と独特のユーモアを交えて話した。

http://ruthless.tokyo/articles/450

2人の少年院にいたころの様子が少しわかります。

症ね韻には精神的におかしくなってしまう人が多いんですね。

 

T-Pablowの髪型を紹介!

Barefoot Louboutin 👠

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

T-Pablowは帽子をかぶっていることが多いので、髪型があまりわかりませんでした。

強いていうなら、いつも短髪で坊主のような髪型ですね!

 

T-Pablowのファッションがかっこいい!

Kawasaki Drift #BADHOPHOUSE

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

T-Pablowがこれまで着用したブランドは以下の通りです。

KHANMIND
GIVENCHY
BALENCIAGA
DONNYBROOK
RICK OWENS
NEWJOKE
cychoi&rickowens
Marcelo Burlon
PHENOMENON
RON BASS

T-Pablowが好きなお店は原宿のNUBIANです。

お洒落なお店なので、ぜひ一度立ち寄ってみてください!

 

T-Pablowが被っているキャップを紹介!

T-Pablowの「鉄の心臓に札束の羽」帽子がすごく人気で

一時期プレミアム価格になっていたほどです!

シンプルなデザインですが、深い意味合がこめられているので

個人的にすごく欲しくなりました。

 

T-Pablowのインタビューを抜粋して紹介!

T-Pablowのインタビューを抜粋して紹介したいと思います。

はじめてきいたのはZeebraの音楽

HIP HOPというより、僕がはじめて自分から音楽に触れたのがZeebraさんです。

小学校5年生くらいの時に近所にできたTSUTAYAに「これが日本人のHIP HOPだ!」みたいな感じでZeebraさんのアルバムが置いてあったんですけど、正直最初は日本人には見えなかったんですよ(笑)。

当時のZeebraさんは髪型がコーンロウスタイルで、一緒にいたおふくろに「この人絶対日本人じゃないよね」って聞いたりして、

おふくろに「そんなに気になるなら聞いてみなよ」って言われて、そこでZeebraさんの『The New Beginning』を借りました。

聞いているうちにこれはヤバイって思えて、中学生に入ってからは本格的に聴き込むようになりましたね。

http://kai-you.net/article/4031

地元のコミュニティの狭さを感じた

中学に入って、かなりグレてしまって、僕はチームの頭を張るようになって、地元ではある程度の地位が確立されていました。

地元では誰にも文句を言われない、仲間たちと居心地のいい生活を送っていました。

でもそんな中でいろいろなトラブルに巻き込まれるようになってしまって、

僕らがやっていることは、地元という狭いコミュニティ、せいぜい半径500mくらいの中で見栄を張り合っているだけなんだって気づくようになって、精神的に悩んでいる時期があったんです。

http://kai-you.net/article/4031

ニューヨークへ1人旅立つ

ちょうどその時期に、アメリカのオハイオ州に住んでるおばさんが声をかけてくれて、1人でニューヨークへ行きました。

そこでは、電車に乗れば誰かがラップしてたりダンスしてたり、外ではそこら辺に落ちてあるダンボールやバケツでドラムを叩いて音をつくってラップして、

たくさんの人が集まってみんなで音楽を楽しんでいる世界が広がっていたんです。

僕は母子家庭で育って、生まれた時から家に借金もあって、周りの人が買ってもらえるものが買ってもらえなかった。

基本的に与えられるということはなくて、自力で生み出すしかなかった。

だからニューヨークでの何もない場所から何かを生み出すという光景は、

自分にも通じる部分もあったし、何よりもそれを楽しんでいることが、面白くてかっこよくて衝撃的でした。

http://kai-you.net/article/4031

友人の死が大きな影響を与えてくれた

もう1つ、自分にとって大きなことがあって。

ニューヨークから帰ってきたタイミングで、僕のバックDJをやってくれるはずだった、これから一緒にやっていこうと言ってくれていた友だちがバイク事故で亡くなってしまったんです。

周りの人の死はこれまでに何度も経験していたんですが、こうして辛いことが重なったことで逆に何かが吹っ切れたんです。

この時は色んな思いが交差してよく覚えてないんですけど、自分も明日死んでしまうかもしれないし、本当にやりたいことをやらないといけないみたいな、何かを気づかせてくれて。

それで、もう一度HIP HOPをやろう、HIP HOPで成功してやる、と強く決意するきっかけになりました。

http://kai-you.net/article/4031

ニューヨークの環境や、友人の死がT-Pablowの音楽人生に大きな影響を与えたことがわかります。

 

T-Pablowの今後に注目!

😏✨ #badhop #mobblife #9月6日発売

T-Pablowさん(@tpablow_breath)がシェアした投稿 –

人気HIP-HOPグループBAD HOPのキーパーソンであるT-Pablowについて紹介させていただきました。

高校生ラップ選手権のときから注目を集め、そのルックスから若い女性から人気がありました。

今もその人気は衰えず、T-PablowはBAD HOPや2WINとして活躍の幅を広げています。

今後のさらなる活躍に期待したいですね!

気に入ったらシェアをお願いします!