本田圭佑の名言が響く!努力論や人生論!口癖は伸びしろ!ミランでも名言連発?

本田圭佑の努力論が名言!

努力が人よりも続けられる人は必ず成功する。そして努力の方法が分かってる人は大きく成功できる。

理由は簡単で、ほとんどの人が努力を続けられへんから。

そして努力を続けられへんのは、目的がないか、目的を見失ってるから。

「才能やセンスではなく、他人よりも努力できる人が成功する」ということですね。

こう考えられると、無限の可能性を感じますしもっと頑張ろうと思えます。

さて、努力する姿勢を持ち続ける本田圭佑ですが、努力の原点とはなんでしょうか?

調べていくと、家族が関係していました。

本田家っていうのはとてつもない一家で、厳しいのは親父だけじゃなかった。

おじいちゃんにも『お前なんか絶対に一流になられへん』『甘い』と毎日怒られていました。

俺と兄貴がウチで寝ていると『外走ってこい』と。『お前らみたいな休んでいるやつがなんで一流になれるんや』と言われてね。

僕は小さい頃からそんな家族に認められたい一心だったかもしれない。毎回『見返してやる』って思っていましたから」

https://jr-soccer.jp/2018/06/16/post95236/3/

寝ていると、「なにしてんだ」と言われる家庭ってすごいですね。

厳しい環境で育ったからこそ、今の本田圭佑がいると納得できます。

 

本田圭佑の人生論もこれまた名言!

本田圭佑は人生において、「失敗」について語りました。

その時のインタビューがこちらです。

あのね、失敗そのもので傷つくことはまずない。

──失敗から逃げるのが、多分今の日本の問題だろうから。

いや、学んでないってこと(が問題)。傷つくだけ傷ついていることが問題。

──失敗したら、もう1回失敗したくないと思って、戦うんじゃなくて、そこから逃げるっていうのが、問題なのかなと思います。

いや、もう1回失敗せえへんよ、学んだら。俺はもちろん失敗は過程やと思ってるから。

その先にゴールがあると思ってるから。失敗はゴールではない。

ただ、失敗自体に関しての考え方はその程度で、先にこけておいた方が、辞書で学んだ、インターネットで学んだ「事例の失敗学」を学ぶヤツより、

実際に骨折れた俺の方が、その痛みを知ってるし。

(http://iyashitour.com/archives/19481)

私自身も失敗に対して臆病になることが多々あります。

失敗でいちいち傷ついているから行動するのが遅かったり、一歩の勇気がでなかったりしますよね。

本田圭佑は失敗は成長だと考えているうえに、失敗をするために行動することもある。

そんなことをしている人がいると思うと、くよくよしている自分が情けなく思えてきます。

本田圭佑の思考は常に前向きで、元気をもらえますよね。

 

本田圭佑の名言「伸びしろ」

Training in LA.

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿 –


本田圭佑が「伸びしろ」を使ったのは2012年のW杯アジア最終予選日本×ヨルダン戦試合後のインタビューです。

「伸びしろは常にMAX。それがいまの代表の強み。」

常に挑戦し続けている本田圭佑だからこそ使った「伸びしろ」

成功するかしないかはわかないけど

成長することは常にできる。だから、そこには伸びしろがある。

ということですよね。

知り合いに「伸びしろ」が口癖の人がいたのですが、この言葉は

周りの人をも前向きな気持ちにさせますよね!

日常でよく使いたい言葉です。

 

本田圭佑がミランに入団したときの名言とは?

* West Hollywood. @paleyhollywood photo by @01homeless #LA#WestHollywood#restaurant

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿 –

本田圭佑はミランの入団会見でこのような名言を残しています。

心の中のリトル・ホンダに聞きました。『どのクラブでプレーしたいのか?』と。

そうしたら『ミランでプレーしたい』と答えたんです。それが決断した理由です。

出典:本田のミラン入団会見&ミックスゾーンでの一問一答全文|サッカーキング

そして背番号10番のプレッシャーはないか?という質問に対しての答えは以下の通りです。

逆に質問したいのは、目の前に10番をつけるチャンスがあって違う番号を選びますか?って話ですよ。

僕はそのチャンスが目の前にあって、喜んで自分から要求しましたし、選ぶ時にプレッシャーのことは何も考えなかったです。

出典:本田のミラン入団会見&ミックスゾーンでの一問一答全文|サッカーキング

自分の直感を信じて、感じたことをそのまま行動するということですね。

何事でもそうだと思いますが、直感って正しいです。

何時間も頭ひねって考えた答えより、瞬間的に感じたその直感が正しい。

個人的にはそう思っています。

だから、本田圭佑のこの言葉には共感できる部分があります!

 

本田圭佑がブラジル人を例えに残した名言とは?

* Education for the future. Photo by @01homeless ➡︎SWIPE➡︎ #Uganda#education#honda#soccer#child#children

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿 –

本田圭佑はサッカーの一流である、ブラジル人を例えにこのような名言を残しています。

エイプリルフールってあるでしょ。 その日だけ皆が嘘つく。

それでパフォーマンスは上昇する? いや しないでしょと。

春休みのうちに課題を見直して選手1人ひとりがパフォーマンスを向上させる。

それが世界レベルですよ。 ブラジルの選手エイプリルフール嘘つきますか? つかないでしょ普通

https://tochan-10ch.blog.so-net.ne.jp/2016-01-05-1

誰かが「病み気」と言っていたら

いや、病み気ちゃうやろ、ていうかね、 なんで病んでなあかんねんと。

病んでる時間を使ってね腹筋を鍛える、そういう考え方も出来ると思うんですよ。

だって考えてみて下さい、ブラジルの選手病んでる人聞いたことないでしょ

中途半端な偽物の努力をしていても一流にはなれないし、

一流は一流の努力をし、一流の思考をもっているということだと思います。

常に世界を頭に置いている本田は

「ブラジル人なら」と考えて自分の行動をコントロールしているのかもしれません。

 

本田圭佑が残した数々の名言を紹介!

結局、みんなが嫌がることを

我慢してできるかどうかなんですよ。

オレはスーパーマンでもなんでもない。

ただみんなが嫌なこともやれるし、

夢のためにやりたいことも我慢できる。

それを本当に徹底していて、

あとは人よりも思いがちょっと強いだけ。

その差が結果に現れたりするんですよ。

http://iyashitour.com/archives/19481

本田圭佑は自分のやっていることは何も特別なことではないと言っています。

みんなが遊んでいる時に練習をしたり

みんながやりたくないつまらない練習も必死にとりくんだりし、

なにがなんでも夢をかなえるという強い気持ちをもつことが、結果的に大きな差を生む。

一流になるために必要なのは特別なことではなく、

地味な練習の積み重ねということですよね。

何でもスムーズに上に行くことはないと思うし、

一度や二度の挫折は誰にでもある。

一番重要なのは、

その挫折から立ち直れるか、

立ち直れないかだと思う。

http://iyashitour.com/archives/19481

失敗は過程だからこそ、挫折してもゴールにたどり着くまで立ち直ることが大切だということですよね。

失敗が失敗になるのは、そこで立ち直らないから。

成功するまで何度も何度も立ち上がることが大切だというこの言葉は

胸に刻んでおきたいですね。

ただ、勘違いしちゃいけないのは、

下に落ちるっていうことが、

進化してないということではないんですよ。

下に落ちるのも、

次に昇るための変化かもしれない。

昇るために、

落ちることが必要なこともある。

http://iyashitour.com/archives/19481

学生時代に苦労したり

海外のクラブチームでうまくいかなかった経験をしている本田圭佑だからこそ

この言葉には説得力があります。

どんなにマイナスなことに見えたとしても、それは成功のために必要なことだということだすよね。

ライバルに差をつけたいのなら、

環境を変えてほしい。

なんだかんだ言っても

一度ぬるま湯に浸かってしまうと、

なかなか抜け出せない。

だから、「何か物足りない」と思ったら、

自分のことを知らない環境に

飛び込んで行ってほしいと思う

http://iyashitour.com/archives/19481

かえるのたとえ話にもあるように、人間はぬるま湯につかっていると

感覚が鈍くなっていきます。

ぬるま湯につかっていることすらも気づけなくなってしまったら

そこから一流になるのは難しいですよね。

自分を変えたいならば環境を変えることが大事だと言う言葉は

何度もクラブチームを変えている本田圭佑らしいセリフだと思います。

 

 本田圭佑の名言がかっこいい!

数々の名言を残している本田圭佑。

ビックマウスと言われることもありますが、

有言実行をし成長し続ける姿勢をぶらさない姿は本当にかっこいいと思います。

自分を奮い立たせたい時に是非、本田圭佑の言葉を思い出してください!

気に入ったらシェアをお願いします!