サザエさんの視聴率推移がヤバい原因は?株価との関係や声優一覧!

疑問

どうも、Answerです!

日曜日の「高視聴率アニメ」の代名詞的存在でありながら、今年に入って視聴率が1ケタ台にまで落ち込んだフジテレビの『サザエさん』。

いったい何が起こってしまったんでしょうか?今回はそのへんを書こうと思います。

今年に入ってからの視聴率の推移を振り返る

『サザエさん』の原作は、長谷川町子の漫画です。福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まったのは1946年のこと。

現在の形でのテレビアニメは、1969年に始まりました。1979年には視聴率39.4%を記録。この頃が全盛期といえるでしょう。

 

異変がハッキリ見え始めたのは今年に入ってから。

まず5月22日放送分の視聴率が7.7%に落ち込み、その後一時2ケタ台に持ち直すんですが、7月3日放送分で9.9%と再び2ケタ割れを記録しています。

その後はずっと、10%前後を推移しています。

 

視聴率低下の原因はいったい何?

ここまで視聴率の落ち込みが顕著になったのは、何が原因なんでしょう?

 

まず5月22日放送分ですが、これはとても強い裏番組があったからです。『笑点』です。

長年出演していた桂歌丸が最後の司会ということで時間枠を拡大して放送したのがこの週でした。ちなみに27.1%もの視聴率を叩き出しています。

 

が、7月3日放送分は、そんな要因はありません。本来この番組と『サザエさん』の放送時間がぶつかることはありません。

 

そもそも、地上波テレビの番組そのものの視聴率自体が年々低下しています。『笑点』は7月29日に歴代最高視聴率を叩き出しましたが、この番組自体に勢いがあることもあって、例外中の例外といっていいでしょう。

 

地上波テレビの番組の視聴率の低下は、映像コンテンツを広めるメディアの多様化、とりわけネットにおける動画の配信によるところが一番大きいです。これによって視聴者は、「見たくない番組を避ける」ことが簡単になり、時間的な制約から開放されることにもなりました。スマートフォンの普及によって視聴者は場所的な制約からも自由になり、この流れはさらに加速しています。

 

話は変わりますが、『サザエさん』の視聴率と株価には関連性があることをご存じでしょうか?

スポンサーリンク

疑問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です