PUFFYの劣化がひどい!劣化理由は加齢による老化?オバサン化が止まらない

一世を風靡したPUFFYの劣化が凄い?

「脱力派」なゆるいパフォーマンスで人気を呼んでいたあのPUFFYが、このたび20周年を迎えひさびさに二人揃ってファンの前に姿を現しました!

そのインタビューで語った意外な裏話があったそうなんですが・・・

でもそれよりも話題になったのは・・・「PUFFYの劣化がヒドイ…」と騒がれてしまっています。

今回は20周年を迎えたPUFFYと、劣化の真相ついて迫ってみたいと思います!

 

PUFFYは「脱力派」ではなく「スポ根派」だった!?

PUFFYは「脱力派」ではなく「スポ根派」だった!?出典:「PUFFYは覚悟を決めている」 振り付け南流石さんが認めた強さ

PUFFYは20周年を迎え、デビュー当時を振り返り、意外なエピソードを語りました。

PUFFYは脱力派なゆるいパフォーマンスが印象的ですが、実はスポ根派だったそうなのです。

いったいどういうこと?!

吉村由美さんは、デビュー当時のことをこのように語ります。

「(プロデュースした奥田)民生さんのもとでスポ根のように育った体育会系」

「1秒たりとも甘やかしてくれなかった」

引用:【PUFFY20周年】記念アルバムのタイトルは『非脱力派宣言』 2人は口をそろえて「ダラダラしてた覚えはないんです…」

つづいて、大貫亜美さんもこのように語っています。

「そもそもPUFFYは1枚で終わる企画だった。民生さんのしごきに耐えれば終われるという気持ちだった」

引用:【PUFFY20周年】記念アルバムのタイトルは『非脱力派宣言』 2人は口をそろえて「ダラダラしてた覚えはないんです…」

PUFFYの生みの親である奥田民生さんはとても厳しかったそうで、田舎に帰れ!と言われることもしょっちゅうあったそうです。

しかし、PUFFYのふたりは実際にパフォーマンスする時は、そんな苦労は見せなかったところがプロですよね。

PUFFYの20周年記念ベストアルバムのタイトルは、「非脱力派宣言」というキャッチーなもので、このタイトルになった理由を、吉村由美さんは、このように語っています。

「10年以上前から考えていたタイトルで、いつかこれで何かやりたいと寝かせていたんですよ」

引用:【PUFFY20周年】記念アルバムのタイトルは『非脱力派宣言』 2人は口をそろえて「ダラダラしてた覚えはないんです…」

本来PUFFYは脱力派ではなかったため、今回の20周年のアルバムで「非脱力派宣言」ということで、PUFFYの本当の姿を見せてくれるようです!

期待ですね!

 

PUFFYの劣化がヒドイといわれる理由は?

PUFFY、見た目の劣化がヒドイ…その理由は?出典:【悲報】PUFFYが老けすぎてワロタwwwwwww

PUFFYが20周年を迎えるということで、PUFFYのおふたりがメディアに登場することが増え、そこでよく耳にするようになったのが、「PUFFYの劣化がヒドイ」です。

吉村由美さんは整形疑惑がかけられていて、あまり昔と変わらないと言われる一方で、大貫亜美さんは顔のたるみや激太りがヤバいと言われています。

ネット上では、

「アミ老けすぎだろ」

気に入ったらシェアをお願いします!