和牛川西がイケメンでかっこいい!性格も良い!彼女はいる?インスタ画像あり!

表情がかわいいですよね!!

 

和牛 川西のかっこいい/イケメンな写真を集めてみた!

和牛の川西はかわいいだけでなく、「かっこいい!」と人気なんです。

そんな川西のかっこいい画像を集めてみました。

*81* * * 「真理子、目覚めながらも夢を持ちこたえろ、だよ」 玉塚先生からの餞の言葉。まさか、私の人生を救ってくれたのが玉塚先生だったとは、思ってもみないことだった。 100%現実の世界で生きていたために賢志郎と結婚することが出来ないでいた私を、夢の世界に引き戻してくれたのが玉塚先生だった。夢の世界というのは、大学院。あの時大学院に戻ったから、賢志郎と結婚することが出来た。教師のままだったら、到底賢志郎との結婚は叶わなかった。 現実すぎる教師の世界。賢志郎の乗った船が横を通りがかったけど、真面目な私は怖くて飛び移れなかった。聖職者として長らくキチキチやって来た私に、いきなり芸人を伴侶にしなさいって言われても無理。芸人の世界なんて、ほとんど現実離れしたファンタジー。 しかし驚いたことに、大学院もまた入ってみるとこれがどうだ、ほとんどファンタジーの世界だった。虚構、虚構、虚構が並び、虚構の調査、虚構の研究。脳内で生まれた文学という架空の世界で生きることは、理系学部の連中には到底分かって貰えないほどのファンタジーなのだ。夢の中で生きる時間を取り戻した私は、賢志郎との結婚というファンタジーを恐れなくなった。 玉塚先生に最後の論文指導をしてもらい、喫茶店の出口で別れた。昔の恋人でもあり、私を賢志郎との結婚に送り出してくれた人。去り際は彼らしく、女ったらし風に。 「俺が一番欲しかったのはお前だよ」 という余計な一言を残して。 * 「うん…うん、賢志郎、お帰りなさい」 「まりちゃん、昨日はごめんな…」 朝の光が満ちた寝室に、いつの間にか賢志郎がいた。横たわった体から、夜の街の匂いがする。タバコと、炙った動物性たんぱく質の匂い。あと、微かに柑橘系の匂いが。この匂いは22、3の若い子がつけるやつ。 賢志郎の唇が肩に付けられ、首筋に、胸に、優しい愛撫をしながら移動する。くすぐったいような、気持ちいいような狭間を行ったり来たり。 賢志郎のやつ、朝帰りしやがったわね。後輩の家に泊まったと言うけど、どうだか。でも、どこで何をしていたのかは突き止めなくてもいい。それを始めたらこっちが病んじゃう。芸人だからって浮気を大目に見るのは嫌だけど、ある程度までは仕方ないと、腹をくくっている。何しろ今の賢志郎のとんでもない人気。万が一の何かを求めて出待ち入待ちする女子。付き合いで行くキャバクラ、情報番組で知り合うグラビアアイドル、女子アナ、女優、メイクさん、スタッフ、ファンなど、疑おうと思えばいくらでも。そういう環境の割には真面目だろう。遊ぼうと思えばいくらでも遊べるのに、まっすぐ真面目に帰ってきては私の作った料理を嬉しそうに食べ、夜は飽きずに私を抱く。この様子だと今のところは大丈夫に違いない。 一方で私は今日、玉塚先生と、寝た以上の罪深い精神的な交わりを果たした。この罪は…どうなんだろう。謝罪に値するんだろうか。 朝日を浴びて、私の肌が全て明らかにされ、それを賢志郎が丹念に点検している。こうして明るい場所で見てみると、私の肌は随分白いんだなと思う。賢志郎は、私の胸の柔らかさを手のひらで確認し、その先端を唇と舌で弄ぶ。いつもより丁寧に。 「ねえ、まりちゃん、玉塚と、ヤっちゃったの?」 気持ちいいキスをしながら賢志郎は、濡れそぼったショーツをずらして、指を埋める。指先で一番気持ちいい所を探すように。子宮がじんじんするような、強烈な快感。思わず賢志郎にしがみつく。核心を突く質問で私をいじめて、より強い快感を引き出そうとしている。 「やるわけないでしょ…バカね…」 「キスマークついてたらどないしよ…」 「うふふ、どうするの?」 「まりちゃん殺して俺も死ぬ」 「うん、その時は、殺して…」 賢志郎はそのまま私の脚の間に入って、丁寧に、私の一番好きなことをしてくれた。一枚一枚優しく舐めて、蕾を甘く噛んで、潤いを吸って。温かく柔らかい舌が憎いほど気持ちいい。湿った音が、脳を刺激する。声が我慢できない。ねえ、賢志郎こそどうなの。柑橘系の女とヤっちゃったの?私とケンカした勢いで後輩に女の子集めさせて、そこに来たのが柑橘系の女なんでしょ。よっぽど密着しないとあんなに残り香はしない。まあ現段階じゃ証拠不充分で釈放か。 「まりちゃん、可愛い…声出ちゃって」 賢志郎が耳元で囁きながら、私の入り口を探し、ゆっくりと中に入ってきた。久しぶりに迎えるキツさがたまらない。 「ああ、きつ…」 私の肩口に顔を埋めて賢志郎が呟き、しばらくとどまってから動き出した。 「ねえ、賢志郎…私も殺しちゃうから」 「ん…どうして」 「賢志郎が浮気したら、殺しちゃうから」 「ん…殺して、まりちゃん…」 その言葉が、私を快感の奈落に突き落とした。賢志郎に唇を吸われながら、激しい絶頂感に呑まれていった。 * #真理子と賢志郎 #川西賢志郎

marichanさん(@marichan4758)がシェアした投稿 –

ほんと顔が整っていますよね!!

 

和牛の川西はどんな性格なの?

全てがツボ♡ツボ西~~(?_?) #和牛川西さん

Chiharunさん(@wagyu__eekoe)がシェアした投稿 –


・人の悪口を言わない

・無名の頃からファンに対する態度が紳士的

優しくて素敵な性格をしているんですね!そりゃモテます!!

そんな川西ですが、服のセンスがないらしいです笑

ちょっと抜けたところがあるくらいが、ちょうどいいですよね!

 

和牛の川西が吸っているタバコの銘柄は?


マルボロを吸っているみたいです!

タバコを嫌う人も多いので、マイナスイメージかもしれませんね・・・。

 

和牛の川西はインスタでどんな投稿をしているの?

川西のインスタアカウントはこちら!

@kenshirokawanishi

普段どんな投稿をしているのか少し紹介させてください!

コンビの写真

仕事の様子

相方いじり

お茶目な写真

沖縄に肌着で来たから、心配してくれた方がTシャツくださいました◎

Kenshiro Kawanishiさん(@kenshirokawanishi)がシェアした投稿 –

投稿の数はあまり多くないですが、ファンならフォローして損なしです!!

 

女性ファンが多い和牛の川西!

・顔が整っていて

・性格もよくて

・ツッコミのセンスもあって

・ファンへの対応がいい

そりゃ女性から人気でますよね!!

今年もさらなる活躍に期待です!!

気に入ったらシェアをお願いします!