swanky dankとは?結婚や年齢!韓国でメジャーデビュー?人気曲も紹介!

目次だよー!

swanky dank(スワンキーダンク)ってどんなバンドなの?

2007年に結成された日本のポップ・パンク・バンド!

千葉市稲毛区出身。

SWANKYは「イカした」、DANKは「地下室」という意味。

ライブハウスシーンで実力あるBANDになっていきたいという意味合いが込められている。

2007年3月16日をもって前身バンドであるVOXPOPを解散し、SWANKY DANK(スワンキーダンク)へと改名。

2012年8月にドラマーSHUNが加入。2014年2月にギターKO-TAが加入し、現在の4人で活動をしている。

swanky dank(スワンキーダンク)バンド結成の経緯

兄弟2人でバンドをしていたのがキッカケ

2人兄弟でバンドをやったのがきっかけです。

最初の数年は違うドラマーと3ピースで活動をしていたんですが、色々あって新しいドラマーを探していた時に、違うバンドでドラムをしていたSHUNと出会って。

最初は、サポートでおねがいしていました。

僕たちとしては彼に加入して欲しかったんですけど、その時のSHUNは他に誘われているバンドがあったので、そう上手くはいかなくて…。

そんな時にアコースティックの新曲を彼に聴いてもらったら、「曲作りを一緒にやろう!」って言ってくれたんですよね。

でも僕らとしては、曲作りを一緒にしているのにメンバーじゃないというもどかしさがあって。

「このままだとSHUNがいなきゃダメになっちゃうな」って思ったので、ある日のスタジオ終わりに思い切って「一緒にバンドをやらないか」と切り出そうとしたんです。

そしたら、逆にSHUNから「ちょっと話がある」って言われたんですよ。めっちゃ焦りましたね(笑)。

もうサポートをしてもらえなくなっちゃうのかも……と思ったので。

そしたら「他のバンドをすべて断ってきたから“SWANKY DANK”にいれてくれないか」って言われたんです!!

もちろん、即答で「いいよ、いいよ!」って(笑)。それがきっかけですね。

swanky dank(スワンキーダンク)のメンバーは?

KOJI(ボーカル・ベース)

・本名は松岡光次(まつおか こうじ)

・一番影響を受けたバンドは、Incubus

・普段聴く音楽はSTATE CHAMPS、NECK DEEP

YUICHI(ボーカル・ギター)

・本名は松尾雄一(まつお ゆういち)

・一番影響を受けたバンドは、Incubus、GREED DAYやHOOBASTANK

KO-TA (ギター)

・一番影響を受けたバンドは、Van Halen、Mr.BIG、METALICA、GREENDAY、BLINK-182、OFF SPRING

・最近聴く音楽は、GOOD CHARLOTTE

SHUN (ドラムス)

・一番影響を受けたバンドは、THE BLUE HEARTS、NOFX、BLINK-182

swanky dank(スワンキーダンク)が韓国でも人気の理由は?

実はKOJIとYUICHIが韓国でデビューしていたことがあるんです。

その時のファンが今でも、ついていっているから韓国でも人気があるんですね!

その2人の経歴がこちら!

1998年 プロダクション社長と出会い、デビューを勧められる。

1999年 光次と雄一ともに韓国へ渡る。オーディションで選ばれた高在根とともにY2Kとして「ピリョン(悲恋)」でデビュー。

2000年 兄弟ユニットDOGGY BAGとして『扉』で日本デビュー。

2003年 ユニット名をD-BAGに変更する。

2005年 DOGGY BAG解散

2006年 VOXPOP本格始動

2007年 VOXPOPを解散。SWANKY DANK(スワンキーダンク)へと改名。

swank dankとして活動するまでに色んなアーティスト名で活動していたんですね!!

swanky dank(スワンキーダンク)のメンバーで結婚している人は?

表立って公表はされていませんが、

KOJIとYUICHは既婚者らしいです。

KOJIの妻は元グラドルで、DOGGY BAG時代から交際し、結婚に至りました。

隠しているにも関わらず、

YUICHIとKOJIの嫁が連れ立ってSWANKY DANKのライブを見に行き、その模様をSNSにアップ。

さらにはバンドのグッズ販売の売り子として立つこともあり、いつバレてもおかしくない状況らしいです。

そして一番危険なのが、KOJIの女癖、酒癖の悪さ。

KOJIはSNSで好みの女の子を見つけたら独身と偽ってDMで声を掛け、浮気を繰り返しているとか。

しかも、彼はかなりの酒乱なので、酒に酔って卑猥な写真を女性に送りつけていても不思議じゃない。

バンドが有名になったら、声を掛けられた女性たちから、そうしたネタが流出する可能性は高いですよね。

この情報がどこまで正確かは分かりませんが、本当だとしたら行動を改めてほしいですね。

swanky dank(スワンキーダンク)のメンバーの年齢は?

KOJI

1984年5月7日生まれ(今年で34歳)

YUICHI

1982年2月22日生まれ(今年で32歳)

KO-TAとSHUNの年齢は分かりませんでした・・・。

swanky dank(スワンキーダンク)は兄弟でやっているの?

ヴォーカル&ギターを担当する松尾雄一が兄。

ヴォーカル&ベースを担当する松尾光次が弟です。

2人はもともと韓国でアイドルとしてデビューし、解散してからバンドとして活動。

ドラムとギターを誘い今のswanky dankが成り立っています!

2人はライバルだとおもって高めあっている

2人とも作詞・作曲をするんですけど、KOJIは僕にないものを持ってるのでいいなぁって思います。

兄弟だから育ってきた環境も一緒だし、感性も似ているものの、やっぱり個性はありますよね。

いい曲を書くなぁと思いますし、ちゃんとKOJIを認めています。1番のライバルですからね(笑)。

swanky dank(スワンキーダンク)がメジャーデビューしたのはいつ?

2017年9月27日にアルバム『Smokes』でメジャーデビューを果たしました!

結成から10年目という節目で、おめでたいですよね^^

所属事務所はエイベックス!

swanky dank(スワンキーダンク)のグッズを紹介!

どれもデザインが可愛くて普段使いできそうです!

swanky dank(スワンキーダンク)の人気曲を紹介!

swanky dank(スワンキーダンク)の人気曲①Amazing dream(アメイジング ドリーム)

テレビ東京系およびBSジャパンでオンエアされているアニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマ。

アニメのために書き下ろされた楽曲です。

終わらない夢を掴むため

進めべき 今(みち)があるなら

(Do you wanna try?)

このままどこまでも

 

僕の命が終わるまで どんな痛みも受け入れよう

(we can try again)

たとえ明日が見えなくても 声にならない想いを抱いて

叫び続ける in my heart

パンクというかロックな1曲になっています!

swanky dank(スワンキーダンク)の人気曲②sink like stone(シンク ライク ストーン)

my first storyのhiroとコラボした曲として圧倒的な人気を誇る1曲になっています!

youtubeでは188万回と、他の曲とは比べ物にならないほどの再生回数をたたき出しているんです!

I want to be stronger better without you

don’t you dare let me down

It’s back and forth

You’re wasting my precious time

I hope you’ll move on. You’re going out here

 

this world,this world you know?

this world,this world you say?

you better help them, but it’s too late

you don’t know ‘”Bonds”? meaning for us

I’m out of control because you sink like a stone

力強いサウンドに、サビの盛り上がりが最高です。

swanky dank(スワンキーダンク)のインタビューを抜粋して紹介!

アルバムごとに出してる音が違う

“SWANKY DANK”の元々のコンセプトが“メロディックPUNK” だったので

1枚目のアルバム『THE LOVE WAS GONE… 』の時は、そういう音が鳴っていると思います。

2枚目の『Circles』は、原点回帰の“エモロック”。色んな音楽を吸収しつつ、どんどん進化していった感じですね。

「僕たちの持ち味ってどこにあるんだろう」って考えた時に、自分たちのバックボーンにある音楽を融合させたら強いだろうなって思ったんです。

KOJIは自分の歌詞で自分を励ましたい

俺は「こういう歌詞を書きたい」と思って歌詞を書いていくことはしないんですよ。勝手に出てくるっていう感じで。

でも無意識に歌詞を書いていくと勝手にポジティブな内容になってる。

自分が根暗だからこそ、歌詞で自分を励ましてるんじゃないかなと思うんです。「誰かを励ましたい」と言うよりかは自分を励ましたい。

―バンドとしてそれぞれのターニングポイントは?

KOJI

KO-TAが正式加入したとき(2014年2月)かな。そこからバンドとして成熟してきた気がします。

バンドの名前を知られるようになったのも「BONEDS」を出したタイミングだと思うし、KO-TAが正式加入したのはそのツアーだったので。

だからSWANKY DANKとしては10年やってますけど、バンドとしては4年目という感覚でやってます。

KO-TA

俺にとってのターニングポイントはSWANKY DANKに入ってからよりも、初めてSWANKY DANKのサポートギターを務めた日です。

2012年の秋。

サポートやって「違うな」って思ったらそれだけのことだなと思って、その日やらせてもらったんですけど、しっくりきたんで、今考えるとそこがスタートだなと。

YUICHI

俺は今がターニングポイントだと思ってます。

この4人で1stアルバムを出して、のろしを上げて、SWANKY DANKとしての存在感を示している今。

もっと広がっていくチャンスだし、ここからもっとカッコよくなっていきます。

2017年にメジャーデビューし、勢いにのっているswanky dank(スワンキーダンク)

4人組のロックバンドですが、兄弟のKOJIとYUICHIがメインというかんじで

KO-TAとSHUNの情報はあまり見つけられませんでした・・・。

バンド結成から10年目の2017年にメジャーデビューを果たし、

これからますます勢いにのってくるバンドじゃないかと思います!

今後も彼らの活躍に注目したいです^^

気に入ったらシェアをお願いします!