台風とハリケーンとサイクロンの違い!観測史上最強レベルの風速や被害は?

どうも、Answerです!

この時期になると台風がたくさん来て、その被害が目につきますね。

最近でも大型の台風でかなりの被害が出ています。

今回は、そんな台風に関する雑学的な内容をご紹介します!

台風・ハリケーン・サイクロンの違いって?

これって結構分からない人多いんじゃないでしょうか?

正直、私もよく分かっていません。

ですから、自分の勉強のつもりで書いていきますね(笑)

 

台風

熱帯・亜熱帯の海洋上で発生する熱帯低気圧のうち、中心が赤道以北かつ東経180度から100度の間に存在し、中心付近の最大風速が17.2 m/s(34ノット、風力8)以上のものを指す。

引用:Wiki

 

ハリケーン

以下の地域で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が64ノット(約33メートル毎秒、約74マイル毎時、約119キロメートル毎時)以上のものをいう。

  • 大西洋北部(カリブ海・メキシコ湾を含む北大西洋)
  • 大西洋南部 (ただし、ほとんど発生しない)
  • 太平洋北東部(西経140度より東の北太平洋)
  • 太平洋北中部(180度~西経140度の北太平洋)

引用:Wiki

 

サイクロン

インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部で発生する熱帯低気圧である。

引用:Wiki

 

なるほど、要するに発生する地域によってその呼び方が変わるわけですね。

chigai

 

それと、発生の基準になる数値も違っていますね。

 

史上最大の風速や被害について

さて、違いがわかったところで台風・ハリケーン・サイクロンの過去最大の被害や強さについてご紹介していきますが・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です