DEF TECHが解散して再結成?メンバーは?おすすめ曲やライブ、アルバム情報も!

レゲエユニットDEF TECHとは?

2001年結成のインディーズレゲエユニット!

・所属事務所はEuntalk。

DEF TECH由来

・「超カッコいいテクニック」と「テクニックをひけらかさない」の二つの意味から来ている。

・名付け親はRIZEのボーカルJESSE。JESSEとSHENは小さいときから交友関係があるみたいだ。

・自分たちの音楽を「ジャワイアン・レゲエ(ジャパン+ハワイ+ジャマイカ)」と名付けている。

大ヒットのきっかけ

ヨコハマタイヤ「DNA S-drive」のCMのタイアップ、春のセンバツ高校野球のダイジェスト番組「みんなの甲子園」で流れた『My Way』をきっかけに、1stアルバム『Def Tech』が160万枚を売り上げる大ヒットを記録した。当時、インディーズグループとしては、MONGOL800に次ぐミリオンセラーを記録。

DEF TECHのこれまで

2006年11月 2人の不仲により解散の可能性があることが報じられる。しかし後日Shenの結婚パーティにて、Microが舞台に立ち「Def Techは解散しない」と発言した。

2007年2月1日 ユニバーサルミュージック内にMicro自身のレーベル「プライマリー・カラー・レコード」を立ち上げる。

2007年3月24日 千葉マリンスタジアムで開催されたパリーグ開幕戦ロッテ対日本ハムでMicroが国歌独唱を行った。

2007年9月 自らのホームページにて解散を発表。

2010年6月3日 自らのホームページにて再結成を宣言。

2010年10月27日 4thアルバム「Mind Shift」のリリースと同時に再結成。

2011年 フルレンスアルバムUPリリース

2013年 ミニアルバム24/7をリリース

2015年 ミニアルバムHowzit !?をリリース

2016年 ミニアルバムEIGHTをリリース

DEF TECHのメンバーは?

MICRO

本名:西宮佑騎

・1980年8月28日生まれ

・東京都大田区蒲田出身
・法政大学国際文化学部卒業
・実家はサーフショップで、幼少のころからよくハワイに行き、小学生の頃からサーフィンをたしなんでいた。
・2007年2月にレーベルヘッドとして、メジャーレコード会社であるユニバーサルミュージック内に自身のレーベルPRIMARY COLOR RECORDZを設立。
・2011年5月25日には観月ありさの6thアルバム『SpeciAlisa』が発売されたが、その12曲目に収録されている「ALISA IN WONDERLAND」は作詞・作曲をMicroが手掛けている。
・2014年4月、ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」に出演。自身初の舞台・ミュージカル出演となる。

MICROの交友関係

・金子ノブアキ

・菜々緒

・清水圭

・伊藤由奈

・大野MAR修聖

・PES(RIPSLYME)

・KREVA

などなど!大好きなサーフィンや音楽を通して交友関係が広がっているみたいですね!

常にねたみ、ひがみの対象とされてきた

人生において影響力が大きいものを持つと、まわりからどうしても、やっかみ、ねたみ、ジェラシー、いじめ、 引きずり落とそうとする構造は小さい時も大人になった今もなんら変わらないみたい。

それでなくても、親父が僕が生まれた1980年に東京でサーフショップを始めたから、小学校、高校の先生とかにも

”おまえのお父さんは遊び人だ” “遊び人の息子は遊び人になるしかない” ”学校なんかやめちまえ”とか散々やられてきた。

9.11を間近で経験した1人

僕は2001年、当時21歳、21世紀が訪れたばかりの9.11ーアメリカ同時多発テロを間近で経験したひとり。

実は、あの時大学の友人と貿易センタービルに登ろうとしていて、1キロないぐらいのところで、2機目の追突の爆風を背中にマンハッタンを 北上して走って逃げて、ふと気がついたらそこはセントラルパークだった。 ボブマーレーが倒れた場所、ジョンレノンが暗殺された家の目の前だった。 マンハッタンはサイレンと悲鳴の声しかこだましてなかった。

日本へどうにかこうにか帰ってこれて、まわりはみんな就活の波にのってて。

僕はそこで音楽の道をひとり決意したんだ。 世界平和の歌を、ラップを、ひとりも残らず幸せになるための調べを奏でることを。

9.11がMICROの音楽で進んでいくキッカケになったんですね。

SHEN

・1981年5月9日生まれ

・中国生まれ、米国ハワイ州オアフ島育ち。
・父の仕事の都合で毎年夏休みに日本へ遊びに来ていたことがきっかけとなって、日本での音楽活動を決心。20歳の時にハワイから来日。
・E.D.O.のメンバーとしても活動している

・ガジャーラ六本木に週2回通い、食事改善と身体づくりをしている

SHENはアロハの魂を大切にしている

アロハ魂は、ハワイでもあまり知られていない『アロハの深い意味』を世界に広げるために生まれました。

アロハの文字を ALOとHA の二つに分けると、それぞれにALO(2人の意識を合わせ)+ HA(呼吸する)という意味が生まれます。

このアクションをハワイの伝統的なあいさつ「Hon(i ホニ)」と言います。この「ホニ」をすることで、愛があふれ、世界がひとつになることをアロハ魂は目指しています。

”気づきの場所”の提供をしていきたいんだよね。近くで言えば夏。ビーチはいま音楽の規制(ビーチのクラブ化)が問題になったりしてビーチで音楽を楽しむことが難しくなってるよね。

このアロハ魂は特設ステージのような形ではなく、自然とビーチに集まって、僕のこのウクレレで皆と息の交換ができて笑顔で話せる場所っていうのを作っていきたいんだよね。

だから規制の範囲内でルールを守りながらアコースティックでみんなと共有する時間をイベントというよりも”気づきの場所”として作りたいと思ってる。

世界中のみんなと繋がれるように ハワイではこんな言葉がある「The more the world knows ALOHA, More the known World Peace.」

つまり、「世界がもっとハワイを知れば、世界はもっと平和を知る。」そして、「Ehokamai Ehomai Ehomai Na Kuouna O Hawai’i Aloha e Aloha e Aloha E」

これはハワイの言葉で「教えてください神様、永遠のアロハの気持ちを送る」いわゆる方向を教えてくださいってこと。

この言葉をハワイアンに聞いたんだ。私のこの発音ってあってますか?って。そして「Aloha e Aloha e Aloha E」って僕が言い終わった瞬間に雨が急に降ってきた。

そして二人の顔に雨が当たったんだ。すると彼は僕にこう言った「私たちの世界へようこそ!」ってね。そういう不思議なパワーっていうか、言霊を伝えたくてしょうがないんだよ。

SHENは結婚している

2006年10月2日に出身地のハワイ・オアフ島で挙式を行った。相手は家事手伝いの日本人女性(当時29歳)で、約3年の交際期間を経てゴールイン。式は親族のみで行いました。

なれそめは、共通の知人のライブ会場。女性は米国で生活したこともあり、英語が堪能ですぐに意気投合し、自然に交際をスタート。

SHENの離婚の噂は嘘!

「離婚」というワードがネット上にちらついてますが、そのような確かな情報は見つかりませんでした。

 

DEF TECH解散時の理由は?

インタビューで2人はこう答えています。

当時「My way」が爆発的に売れ、裕福になったことでお金遣いがあらくなっていったそうです。

MICRO

もちろん自分たちも、それが永遠に続くとは思っていなかったです。

だけど裕福になった現実と、それをマネージメントする心の成長が追いついていなかったんです。

いきなり250万枚もCDが売れましたからね。

次作も10万枚を何回かで続けていくようなパターンだったら違っていたのだろうけれど。友人が増えたり、裏切りがあったり、人が10年かけて経験することを、たった1年で経験したんだと思います。

そして、結果、それが解散のきっかけにもなりました

街を歩くと必ずといっていいほど注目を集める存在になっていたが、それが自信過剰を招き、本来の自分を見失っていったそうです。

Shen

曲づくりやライブ、メディア出演などが忙しすぎて、精神面でのバランスも壊れていました。

そうすると、お互いのエゴがどんどん出始め、ぶつかり合うことも多くなりました。

Micro

スタッフも含めて、皆が疲弊していたんだと思います。

僕らはメジャーレコード会社とは契約しないで、インディーズとして自分たちで音楽を制作し、宣伝し、ライブ活動をしてきました。

だから、それまでの慣例的な業界の体制にも新しい挑戦をしていました。例えば、CDレンタルを禁止にもしました。

気に入ったらシェアをお願いします!