人気ロックバンドRIZEとは?メンバー豪華で金子ノブアキも参加!

人気ロックバンドRIZEとは?

1997年に結成された3ピースのロックバンドで雷図と書く人もいる。

RIZEの結成からこれまで

1997年、JESSE、金子ノブアキ、TOKIEでバンド結成。
2000年 エピックレコードジャパンより、シングル「カミナリ」でメジャーデビュー。次作「Why I’m Me」がヒットし、アルバム「ROOKEY」をリリースした。
2001年 ベースのTOKIEが脱退、u:zoと中尾が加入。
2003年 TBS系ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』にバンドが出演。4月にはTibetan Freedom Concertに出演、READER’S CAMP開催。活動の拠点をロサンゼルスに移し、Kottonmouth Kings、Phunk JunkeesらSuburban Noize Recordsのバンドとともに全米ツアーを行う。
2004年 活動を休止。そして再開。
2005年 自らのレーベルTENSAIBAKA RECORDSを設立。11月3日のライブを最後にu:zoが脱退。サポートのベーシストとしてKenKenが加わる。
2006年 KenKenが正式メンバーとなる。ユニバーサルミュージック内レーベルFar Eastern Tribe Recordsへ移籍。
2008年 ギターの中尾が脱退。
2016年 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016で、古巣Epic Recordsへ13年ぶりに復帰することを発表した
2017年     バンド史上初の日本武道館公演を行う。

RIZEのファンのことをRIZERと呼んでいる。

 

RIZEのメンバーが豪華すぎる!

Vocal guitar JESSE

本名:竹中空人
1980年8月11日生まれ(2018年で38歳)でアメリカ国籍。

SORA3000、JROC、MR.13、大和EMCEEなどの名前でも活動している。ギタリストCharの息子。中尾宣弘、Pay money To my PainのT$UYO$HIとZAXとで「The BONEZ」を結成し、活動している。

Bass KENKEN

1985年12月30日生まれ(2018年で33歳)。

金子ノブアキの実の弟。u:zo脱退後にサポートメンバーとして加わり、2006年4月から正式加入。2011年からDragon Ashでのレギュラーサポートを務めている。

Drum 金子ノブアキ

1981年6月5日生まれ(2018年で37歳)。

父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手・金子マリでKenKenの実の兄である。タレント・俳優としても活動している。これまでの俳優活動

・クローズZERO II(2009年) – 鳴海大我 役
・大奥(2010年) – 三郎左 役
・モテキ(2011年) – 山下ダイスケ 役
・新宿スワン(2015年5月30日) – 葉山豊 役

などなど。俳優としても大活躍しています。

メンバーそれぞれがRIZE以外にも活動の拠点をもっていて、メンバーの両親がすごすぎる・・・。

RIZEには元メンバーが3人いる!

ベース TOKIE

1965年7月1日東京都生まれ。JESSE達の誘いで1997年にバンド加入。2001年に「他の活動もありスケジュールを合わせられなくなった」ことを理由に脱退。

ベース u:zo

1981年4月12日生まれ。小川剛史(オガワタケシ)。TOKIE脱退後に加入し、2005年11月に脱退。金子、中尾と同じ中学。小3の時、金子・中尾・JESSEとバスケを通じて知り合う。脱退後はYELLOW FRIED CHICKENzを経て、セッションベーシストやバンドサポート等で活動中。

ギター 中尾宣弘

1981年4月8日生まれ。u:zoと共に加入。2008年5月「音楽の方向性の違い」を理由に脱退。現在はThe BONEZでNAKAとして活動中。

 

RIZEのメンバー同士今では仲良し!

金子ノブアキがインタビューでこう語っていました。

過去のことも含めて、今は酔っぱらったときに「あの時はごめんね」みたいなことも言えるんです。昔は本気で喧嘩したこともあったから。それはお互い家族ができたこともあるかもしれない。ある意味メロウになってるというか、昔描いていたバンド像とは変わってきてるというか、「みんなが元気だったらそれでいいよ」みたいな。波が立ってないような状態で、ライブも調子いいんですよ。そういうときって、めちゃくちゃパワフルなことしながらも、僕とJESSEの間に流れている時間はめちゃめちゃ静かで、鳥のさえずりでも聞こえてきそうな。2人で「縁側の爺さんみたいになってきたね」って(笑)。

バンドが結成されてから21年目の今年。

結成当初からずっと一緒のJESSEと金子ノブアキは長い付き合いを経て今、鳥のさえずりでも聞こえてきそうな穏やかな関係をもっているようですね!

 

RIZEのオススメ曲5選!

RIZEのオススメ曲①Why i’m me

2ndシングルでオリコン10位と、RIZEが幅広く世間に認知されるきっかけになった曲です。
父親、母親、祖父、祖母とJESSEを支えた家族への感謝の気持ちが書かれています。
日本語と英語を上手に織り交ぜ、リズミカルなリリックになっています。
この絶妙なリリックがJESSEの個性を出しているように感じます。
そして友達への感謝が書かれています。
周りの人に感謝する気持ちを忘れない心が素敵です。

 

RIZEのオススメ曲②PARADOX体操

環境問題を言及した曲になっています。
人間の欲深さが表現されています。
すごく分かりやすい歌詞ですね。
シンプルな歌詞なんですけど、これがRIZEの音にのるとかっこいいんです。
便利だけど地球にはよくないよねって言及しています。
ストレートに「環境のこともっと考えようね」という歌詞ではなく
あえて「考えていない人の気持ち」を詩にしている視点がいいですよね。

 

RIZEのオススメ曲③LAUGH IT OUT

JESSEと交友関係のある俳優・市原隼人とのコラボ曲になっています。
これも超シンプルな歌詞で、ストレートに伝わりますね。
誰の性にすることもなく、自分らしく生きてつらいことも笑い飛ばしていこう。
そんなメッセージが伝わってきます。

 

RIZEのオススメ曲④PARTY HOUSE

2015年発売の17枚目の配信限定シングルです。
勝手に身体が揺れてしまうような激しいダンスチューンになってます!
PVが少しグロいので注意してください笑
歌詞がほぼ英語で、ノリノリな1曲です。

 

RIZEのオススメ曲⑤heiwa

平和に対してのJESSEの考えが表現されている1曲になっています。
平和を願うJESSEの熱い想いが伝わります。
「泣いたときに笑って、疑われたときに庇う」
きっとJESSEの親父Charさんがしてくれていたことなんだと思います。
「親から渡されたタスキを次は自分が子どもに渡していきたい」
そんな想いを感じます。
「金と愛は関係ねぇぞ!!」って伝わってきますそして何よりも「愛があることが大事」だって思います。

 

地元を愛するRIZEのJESSE!!


JESSEは戸越、金子兄弟は下北沢が地元になります。

RIZEは結成当初、金子の地元である下北沢でライブをしていました。

JESSEの親父さんが地元を愛していたように、JESSEも地元を愛しています。

地元に対する愛をJESSEが語っているインタビューがありましたので、紹介させていただきます。

みんなそれぞれ地元があって、その地元を活気付けていくヤツが全ての土地に1人でもいたら問題ないんじゃないかって思うんですよ。

RIZEってメジャーだけど、下北から始まった、ローカル・アイデンティティじゃないけど、数少ない東京出身のバンドなので、自分たちのローカルをもっと大事にしたいって気持ちがあって。そこから地元のために何をしたいかって考えたら、世界に俺たちの地元を紹介したいんですよね。それがやっぱり“WORLD DEFENSE ORGANIZATION”より、“LOCAL DEFENSE ORGANIZATION”で。
俺は戸越、あっくんは下北のミュージシャンでいいんだというか、変に背伸びをしないで、俺らにできることは、手の届かない存在になるのではなくて、地元のヤツらを守ったりと手が届く存在でありたいんだよね。地元を守るためにはマジで諦めちゃいけねぇんだなって思ったし、さっきも言ったけど「heiwa」はもうちょっと心に染みるようなテンポの曲だったけど、今は反対にアグレッシヴにいかないと守れないものっていっぱいあると思うんですよ。
日本人って“どうぞどうぞ”、“ごめんなさい”、“すみません”っていう譲り合いの社会だけど、謝っちゃいけないことは2度と謝っちゃいけない時代だと思うし、胸を張らなきゃいけなかったら絶対に胸を張らなきゃいけないし、本当に自分で守り通さないと守れないものがあるって感じたんです。

 

豪華メンバーが揃った人気ロックバンドRIZEがかっこいい!

・RIZEはJESSE・金子ノブアキ・KenKenと豪華なメンツのロックバンドである

・これまでにメンバーの入れ替わりが3回あった

・JESSEの書く歌詞がかっこいい

個人的なオススメ曲を5つご紹介しましたので、その歌詞のかっこよさが伝わったら嬉しいです!

気に入ったらシェアをお願いします!