神木隆之介の演技力が凄いドラマ・映画まとめ!子役時代から絶賛の演技力!

芸歴20年の神木隆之介は子役時代から演技力が凄い!

神木隆之介1

 

若干22歳でありながら、芸歴は20年というベテランの域に達している俳優:神木隆之介さん。

 

神木隆之介さんは、2歳の頃から子役として映画・ドラマなどに出演し、その他にもスタジオジブリ細田守監督の名作アニメ作品などにも、声優として出演していますが、芸歴20年ということだけあって、子役の頃から神木隆之介さんの演技は凄いと言われ続けていました。

 

神木隆之介さんの演技力は高く評価されているのか、子役ながら役者であれば誰でも一度は憧れると言ってもおかしくない、NHK大河に3本、朝ドラには1本出演されています。

 

本記事では、そんな神木隆之介さんがこれまで演技がすごいと言われ注目されてきたドラマ作品を中心にまとめていきます。

 

 

神木隆之介を一躍有名にしたドラマ、NHK大河『義経』

 

神木隆之介さんは、子役時代から数えてNHK大河に3本出演し、大河デビューは2000年に放送された『葵 徳川三代』で徳川義直の幼少期役でした。

 

神木隆之介②

 

その頃はまだ、神木隆之介さんは普通に演技力が凄い子役と言われていただけらしく、もちろん子役の一人として注目され、コンスタントにドラマ作品に出演していたものの、天才子役として爆発的なブレイクを果たし、ジブリ作品に出演するほどの活躍には繋がっていなかったとか…

 

では、神木隆之介さんは何をきっかけに大ブレイクしていったのかというと、源義経の幼少期であった頃の牛若丸(役名は牛若)として出演した、NHK大河『義経』(2005年放送)だったのです。

 

神木隆之介③

 

当時、神木隆之介さんは11歳で、キャリアとしても子役ながら9年も積み上げていた頃で、実績も十分あったのか、どんなに難しい台本でも一度で覚えることが出来たそうです。

 

そのことは、神木隆之介さんがフジテレビの情報番組『めざましテレビ』での取材で明かされ、試しに、『北の国から、84夏』のワンシーンの台本を渡し演技させてみると、周囲の人達をその世界観に引きずり込むような、ずば抜けた演技力を見せつけたのです。

 

しかも台本を渡してから神木隆之介さんが覚えた時間は”たったの15分”

 

大人でもなかなか15分で覚えられなかったりするものなのに、神木隆之介さんは、ただセリフを覚えるだけでなく、感情表現もバッチリ出来ていたわけですから、天才子役と言われるわけですよね。

 

しかも、神木隆之介さんの場合は、テクニックとかを駆使して役を演じているのではなく、ハート(気持ち)で役を演じられているので、その部分は、映画『お父さんのバックドロップ』で共演した、俳優:宇梶剛士さんもベタ褒め。

 

宇梶剛士も絶賛した神木隆之介の演技力!

 

もちろん、NHK大河『義経』でも神木隆之介さんは、周囲からは高評価を受けます。

 

神木隆之介さんの主な演技の特徴としては、眼力が強く、見れば見るほど吸い込まれてしまいそうな表情豊かな演技をされています。

 

芸歴9年と言ってもまだまだ子供でピュアな心を持っている神木隆之介さんですから、きっと宇梶剛士さんも語っていたように気持ちで役に入り込んで芝居をされていたのでしょう。

 

そんな神木隆之介さんの演技は、次第に周囲からも”天才子役”として注目されていて、義経出演をきっかけに、更なるブレイクのきっかけともなった、映画『妖怪大戦争』出演にも繋がっているそうです。

 

天才子役、神木隆之介を印象づけた映画『妖怪大戦争』

神木隆之介⑤

 

まぁ、神木隆之介さんの確かな演技は、あの宮﨑駿監督も絶賛し、アニメ映画『千と千尋の神隠し』で坊役として声優に起用したくらいですから、相当なものだったのでしょうね。

 

ちなみに神木隆之介さんは、義経出演後、NHK大河『平清盛』(2012年放送)では、義経で演じたあの『牛若』が大人になった源義経を演じられています。

 

大河においても義経は、神木隆之介さんにとってかけがえのない転機となる作品だったと言えるでしょうね。

 

神木隆之介さんが初主演に起用されたドラマ『探偵学園Q』

 

気に入ったらシェアをお願いします!