モー娘。の生みの親つんく♂がハロプロ卒業!卒業理由は体調不良?本当の理由は?

天才音楽プロデューサー・つんく♂がハロプロから撤退

つんく①

 

モー娘。を始め、ハロープロジェクトのアイドル達を総合プロデュースし続けてきたつんく♂さんが、ハロープロジェクトの総合プロデュースを退きました。

 

つんく♂さんといえば、ハロープロジェクトの生みの親で、これまで『モーニング娘。’15』や『℃-ute』など数々のアイドルたちを排出し、偉大なプロデューサーの一人として名が知られていますよね。

 

そんな、つんく♂さんは、ハロープロジェクトメンバー達にとって父親代わりの存在だと思うのですが、つんく♂さんが、ハロープロジェクトの総合プロデューサーを降りた真相に、本記事で迫っていきます。

 

ハロープロジェクトの生みの親つんく♂

 

つんく②

 

元々、音楽バンド『シャ乱Q』のヴォーカルであったつんく♂さんが、オーディション番組でもあった『ASAYAN』の中で開催した『シャ乱Q女性ヴォーカリストオーディション』。

 

その背景までは詳しく分かりませんでしたが、おそらくつんく♂さんが5人組バンドとして活動していたシャ乱Qが、DV事件でメンバー一人が脱退し、4人となった事で、メンバーを追加しようという考えもあって、番組を通じてオーディションしたのだと思います。

 

 

そのオーディションを通じて、つんく♂さんのお眼鏡にたった一人、平家みちよさんが合格したわけですが、その他にも気になる人材がいたらしく、どうにかしてプロデュースしたいとつんく♂さんは考えていたようです。

 

つんく♂さんが最初にプロデュースした『平家みちよさん』

 

つんく③

 

その人材こそ、元モー娘メンバーで、現在ミュージカルなどで活躍されている安倍なつみさんでした。

 

オーディション参加当時から、安倍なつみさんは、つんく♂さんにとってダイヤモンドの原石のような女性で、歌唱力などを含めて磨けば必ず輝くと踏んでいたらしく、つんく♂さんもこのまま落とすのはもったいなさすぎると考えていたようです。

 

ただし、ソロとして活動させるのはあまりにもパンチが弱すぎると考えたつんく♂さんは、『シャ乱Q女性ヴォーカリストオーディション』では落選だったものの、落とすのはもったいないと思える人材を集め、モーニング娘。としてデビューさせることにしたのです。

 

つんく♂さん初代プロデュース『モーニング娘。』

 

つんく④

 

モーニング娘。初期メンバーである中澤裕子さん、福田明日香さん、飯田圭織さん、石黒彩さん、安倍なつみさんの、落選組5名で活動開始した、モー娘。が、やがてハロプロ筆頭アイドルグループとなり、アイドル戦国時代の火付け役となりました。

 

そして、直接つんく♂さんが総合プロデュースを手がけていない一部のグループを含めて、『カントリー・ガールズ』『Juice=Juice』『℃-ute』『モーニング娘。’15』など、大所帯のアイドル集団を形成するようになっていたわけです。

 

もし、シャ乱Q女性ヴォーカリストオーディションを開催していなければ、ハロープロジェクトも誕生していなかったでしょうし、その後、嗣永桃子(ももち)さんや、道重さゆみさんなど、個性豊かなメンバーも誕生していなかったでしょう。

 

また、後藤真希さん、asuka(別名義:福田明日香、現在:PEACE$TONEのメンバー)さん、安倍なつみさんなど、歌唱力を活かした活動をされている方も誕生しなかったでしょう。

 

もっと言えば、里田まいさんも、ハロープロジェクトがなければ、芸能活動していたかどうかも不透明で、田中将大投手と出会っていたかどうかも分からなかったわけですから、つんく♂さんの功績は、本当に偉大ですよね。

 

それだけ、ハロープロジェクト出身のアイドル・タレント・女優・歌手達は多く、つんく♂さんは彼女らにとって、まさに芸能界の父親でありいい兄貴なのです。

 

つんく♂さんのハロープロジェクト総合プロデュース卒業発覚!!

 

つんく⑤

 

気に入ったらシェアをお願いします!