映画『進撃の巨人』の人気の裏で三浦春馬の演技が酷評される理由!?

映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」が大人気!

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、全国映画動員ランキングであのHEROを抑え1位爆発的人気を見せました。

 

実際に、進撃の巨人は興行収入約6億円も上げているというのですから、凄いヒット作品であるとも言えますね。

 

それにしても、三浦春馬の演技を含め何かと評価を得ている、進撃の巨人が、何故か映画評論家にはウケが悪いのかある映画批評のサイトでかなり酷評されています。

 

進撃の巨人でも、紀里谷和明が監督をされたCASSHERNの時と同じような現象が起こっているみたいですが一体どういうことなのでしょうか?

 

そのからくり・理不尽な現象の裏側を本記事で探っていきます。

三浦春馬の演技は本当に酷い?実際のところは…

 

進撃の巨人②

 

映画公開前から、何かとキャストに対する評価、映画そのものに対する評価は真っ二つに分かれている、映画『進撃の巨人』。

 

実際に、進撃の巨人では主演の三浦春馬さんを始め、水原希子さんなどのキャストが演技力無いのにこんな映画に起用されておかしいというアンチ的な話もあり、かなり厳しいと思う反面、いろんな意味で期待する杏の声もあり、正直どちらへ転ぶのかとワクワク感も高かったです。

 

そして、8月1日に進撃の巨人が劇場公開されると、観客動員46万6953人、興行収入も6億346万6200円をあげ、たった二日間で最高のスタートをきりました。

 

事実、何かと注目されている『ミニオンズ』、や木村拓哉の代表作の『HERO』劇場最新版を追い抜く結果をもたらしたのですから、なんだかんだ言っても見たいと思った人が急増していった表れだと思います。

 

実際に進撃の巨人の評価を見ると、迫力がすごくておもしろいという意見もみられ、主演を務める三浦春馬さんの演技に関しても、観ていてすごく格好良くて素敵という話も聞かれます。

 

もちろん、すべての人を対象としたわけではなく、実際に全くおもしろくなく演技も陳腐という意見もあったわけで、必ずしも絶賛されているというわけではないですが、まずまずの評価を得ているはことは紛れもない事実なのです。

 

進撃の巨人は評価としてまずまずなのに、酷評されるのは何故?

 

進撃の巨人④

 

実際に進撃の巨人はたった二日間で、興行収入6億円と実績を上げているにもかかわらずに、何故か評判が悪いという噂が広がり、とくにある有名映画評論家からは酷評されてしまっている…

 

全く意味不明な現象が、実際に起こっているというのですから本当に不思議でなりませんよね。

 

これではせっかく頑張って最高の進撃の巨人を作った樋口真嗣監督を始めとする制作関係者や三浦春馬さんを始めとするキャストは、たまったものではありませんよね。

 

事実、進撃の巨人の酷評に対して樋口監督はかなりご立腹で、Twitterにブチ切れたコメントを入れてしまい炎上騒ぎまで起こしてしまっています。

 

唯一、大人の対応として評価がうなぎのぼりなのが、この映画に出演した女優:石原さとみさんで、『映画の評価は、観る人の環境や知識、心の状態などにも左右され、どれも間違ってはいないと思う反面、制作スタッフも面白いものをつくろうと頑張っていた』と展開。

 

進撃の巨人⑤

 

続けて、彼女は『レビューを書いてくれることはもちろん嬉しいけど、その前にまずは自身の眼で進撃の巨人を観てその世界観を体感してほしい』はコメントしているというのです。

 

単純に映画評論家も批判していませんし、進撃の巨人の制作側もちゃんと立てている大人の対応で、彼女が多くのファンから慕われているのがよくわかるコメントですね。

 

さて、話を本題に戻しましょう。

 

これだけ結果を出した映画『進撃の巨人』に対して、ある映画評論家も100点満点で40点と酷評したのは一体どんな理由があるのでしょうか?

 

それには映画関係者の中にある勝手に抱いた法則が大きく関係していることが改めて分かりました。

 

まず、今回の進撃の巨人の批判の内容を紐解いていくと、とにかく漫画チックでつまらないと言うのです。

 

進撃の巨人の設定も、リアリティを追い求めているはずなのに、現実的に考えられない内容で意味不明で唖然とするバカな演出と、完全に主観で離している誹謗中傷以外のなにものでもないのです。

 

そもそもリアリティだけを求めているのではれば、進撃の巨人は映画になってはいませんし、巨人が出てくるなんてことはありえません。

 

進撃の巨人の世界観の8割以上は現実世界としては成立していませんし、漫画でこそ生きる世界観として定着して終わりだと思います。

進撃の巨人はリアリティ絶対主義なら、ありえない…

 

進撃の巨人⑥

 

しかし、映画はリアリティだけを伝えるものではありません。

 

だから宮﨑駿監督のジブリ作品が世界に認められているわけですし、現実の中にしかないものなんて限界があるわけですから、いずれつまらないものとなってしまいます。

気に入ったらシェアをお願いします!