秋元康が吉本坂46プロデュース!応募資格は吉本所属!目標は東京ドームと紅白!

乃木坂・欅坂の妹分「吉本坂46」がよしもとから誕生!

驚きのニュースが!

なんとあのAKBグループの生みの親・秋元康が、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと手を組んでアイドルユニットを誕生させるそうです!

その名も「吉本坂46」

そのまま掛け算で出来上がったネーミングですね!わかりやすくていい。

よしもとクリエイティブ・エージェンシーは都内で会見を開き、秋元康(59)プロデュースの巨大プロジェクト「吉本坂46」の始動発表しました。

今やアイドルの中でもトップを取りつつある乃木坂46、欅坂46に続く、坂道シリーズの第3弾となります。

秋元康も遊びではなく、もちろん本気でプロデュースするつもりで、演出をかけたコント感、ゆるいバラエティー感は一切出さないガチのアイドルユニットだそうです!

吉本坂46のメンバーは、よしもとに所属する人の中から選出されるそうです。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属と聞くと当然まず芸人が思い浮かぶと思いますが、よしもとのタレントは多種多彩で芸人、スポーツ選手、文化人など様々なジャンルの人が約6,000人所属しています!

これはどんな人物で構成されるのか気になるところですね!

芸歴・性別は特に問わず、よしもとに所属していれば誰でも応募は可能のようです。コンビやユニットを組んでいる芸人は、“個人”でのエントリーとなります。

 


「吉本坂46」誕生の会見の様子

会見にはよしもとの取締役社長の藤原寛の「吉本46を結成します!」という堂々の宣言からスタート!

何も聞かされずに集った芸人約100人は「ええ!?」「いやいや」と戸惑いと驚きの声を上げていたそうです。

それでも藤原は「本当にマジです。真剣にやります」と述べ、「芸人として確立した方でも、新たな挑戦したい人、才能を開花させたい人、ブームになったけど仕事がなくなっている芸人さん」に応募してほしいと呼びかけました。

同じく秋元康も

「最強のグループを作りたいと思います。それがどういう形になるのかは僕も分かりませんが、是非みなさまのご協力を頂いて、乃木坂46、欅坂46につづく第3弾吉本坂46を成功させたいと思います」

と意気込みのコメントを述べています。

吉本坂46の活動は年内にスタートさせる予定ですが、具体的な時期は未定。ソニーミュージックからメジャーデビューすることは決まっているそうです。

吉本坂46の目標は「東京ドーム公演」と「紅白歌合戦の出場」。これは大きな目標ですね!そうなると応募者には、一定の歌唱力なども求められるかもしれません。

さらに初耳の芸人たちからは、AKBグループ同様に「恋愛は禁止?」「総選挙はある?」などといった疑問も出ましたが、現時点では回答は曖昧だったようです。

司会を務めていた陣内智則が「いま応募したい人は?」と聞くと、南海キャンディーズのしずちゃん、平成ノブシコブシの吉村崇、8.6秒バズーカーら、会場に集った芸人の約半分が応募の意志を示したそうです!

気に入ったらシェアをお願いします!